どういう書物も素早く条目認知をする事が出来ます。

ぼくが得意な事は速読だ。如何なる雑誌も素早く目的同意をする事が出来ます。
ぐっすり間近からは「どう必ずしも早くよむ事が出来るの?」ですとか「本当は読んでないんじゃないの?」と言われます。
ぼくは幼い頃から雑誌をよむのがフェチだったので、その影響で雑誌を掴む調子が自然と上がったのではないかと考えています。
速読が出来るおかげで、学生時代の国語のチャレンジの長文把握には相当日数を割く事が出来ました。その割合は結果はいまいちでしたけど。

以前に速読法の雑誌を人脈から進められ、その雑誌を読んでみましたがよく楽しくなかったについてしか覚えていません。
読みながら数行先を読む、ですなんて何を言っているんだ? と思いました。そんな事をしなくとも、一行ゼロ行きちんと読んでいても速読は可能ですからね。
少し前まで文献ばっかり読んでいましたが、最近は新書や本人啓発書などを読むようにしている。記帳を得るのについて、速読は非常に有用なコツだ。レイク

どういう書物も素早く条目認知をする事が出来ます。